グルメ

ゆうぼくの民は牧場直営のステーキレストラン!お値打ちに絶品牛肉が食べれます

愛媛県西予市ゆうぼくの民は牧場直営のステーキレストランです。

この記事では、ゆうぼくの民のオススメメニューやお店の雰囲気などを紹介していきます。

店舗情報

ゆうぼくの民

愛媛県西予市宇和町坂戸673-1

定番から希少部位まで味わえるオススメのステーキ店

ゆうぼくの民のメニューでオススメしたいのが
・ステーキランチ(はなが牛みすじ)
・ボローニャソーセージ
です。

牧場直営のステーキレストランであり、隣接店舗で精肉店も営業しているそうです。

今回オーダーしたのは、みすじ部位を使用したステーキランチ。

その他にも各部位(ランプ、いちぼ等)を選択できました。

セット内容はメインのステーキ、サラダ、ライスorバケット。
追加料金でスープ、デザートを注文できます。

メインのステーキは特製ソース、塩、粒マスタードが調味料として付いており、一つのオーダーで、三種の味が楽しめます。

焼き方もレア〜ウェルダンまで選択でき、今回は店員さんの勧めによりミディアムレアを選択しました。

ランチタイムは基本的にランチメニューしか扱っていないそうですが、ソーセージが食べたいという希望に柔軟に対応してくれました。

価格はステーキランチ2,100円、ボローニャソーセージ750円とランチとしては若干割高感はありますが、使用材料の品質、味、ボリューム、すべてが金額に納得のいくものでした。

入店した時は店内は満席であり、他のお客さんはローストビーフ丼や、カレーなど、1200円〜1600円のものをオーダーしており、次回はそちらのメニューも挑戦してみたいと思いました。

ログハウスの建物がステーキ店の雰囲気を高めてくれてます

店内の雰囲気は、ザ・ステーキハウスといった感じで、ログハウス調の店内、木製のテーブル、暖色系の照明が食欲をそそるものでした。

ただ、その中にもスマートなセンスが見え隠れするオシャレな店内で、ウキウキしながら食事を楽しむことができました。

2階席へ案内されましたが、吹き抜けの空間や、窓から見える木々の緑が綺麗で、久々に時間を忘れて大変気分良く食事が出来ました。

食事を終え、帰る際に隣接する系列店の精肉店に寄りましたが、希少部位や人気部位が割とリーズナブルに扱っており、好感が持てました。

また、カツや唐揚げ、コロッケ等自宅で揚げるだけでOKなところまで調理された惣菜が160円〜販売しており、お土産に購入いたしました。

自宅で調理し、食べて驚いたのは、店内で食べたステーキと同一品質程度の牛肉がコロッケ等にもふんだんに使用されていたことです。

採算度外視の商品だと感じました。その他、オリジナルソーセージや珍しい調味料も揃っており、今後頻繁に通うことになりそうだとワクワクしています。

スタッフの皆様のスマートな接客が心に響く

今回、特に感動したのが店員さんの接客態度です。

入店時に満席であり、待ち時間がありましたが、予約の方用の2階席をスムーズに準備してくださり、非常にありがたかったです。

また、案内してしていただいた店員さんだけかと思ったら、他の店員さんも全員同じような接客態度で、非常に社員教育が行き届いていると感激しました。

メニューの説明も丁寧で、オススメを分かりやすく紹介していただきました。
メニュー表自体にも、肉の質や特徴、味などが細かく記載されており、実際に食べてみても期待以上の美味しさでした。

最後に支払いを終え、退店する時も気さくに「当店は初めていらしたんですか?どちらから来られたんですか?」と話しかけてくださり、少し世間話をして帰ったほどです。

話しかけられても煩わしく感じる店舗もあったりしますが、このお店はそういったマイナスイメージが全くありませんでした。

初めての来店で絶対にまた来ようと思う店舗はなかなかありませんが、ここは文句なしでまた食べに来たいと思います。